「黙ってろ」とは言えない、池江璃花子選手の白血病について

池江璃花子

これまで何度も、このブログで池江璃花子選手のことを取り上げてきました。

管理人は、池江選手のファンです。

なので、今回の白血病というニュースは衝撃的でした。

 

静かにしておこう、池江選手には治療に専念してもらうのが一番、という考え方が最も誠実であるし、わたしもそう考えます。

が、言わないではいられないことだけは書かせていただきたいと思います。

 

 

強いアスリートは、マインドも強い

 

わたしがこのニュースに接したのは、iPhoneのニュースアプリの速報でした。

正確に覚えていませんが、「私自身も驚いています」という池江選手自身のコメントが載っていました。

そんなタイミングで、ニュースとして流していいのか、というのが、わたしの頭に浮かんだことでした。

 

ニュースソース(ニュースの情報源)は、彼女のツイッターだったようです。

彼女自身がこの情報をツイッターで流しているのですから、表に出すのがいいも悪いもありません。

しかも、直後に日本水泳連盟が記者会見するという。それも彼女の意志だったようです。

 

しっかり治療をすれば、完治する病気でもあります。

 

とツイッターに書いてもおられます。

なかなかできることではない。

 

水泳に強いだけじゃなく、精神的にも強い人間なんだ、と感心しました。

 

白血病というと、わたし(50代)たちの世代には「赤い疑惑」というドラマが思い出されます。

主人公の山口百恵が白血病にかかります。ストーリーは覚えていませんが、治らない病気という印象が強く残っています。

 

でも、白血病と闘い、元気な姿のまま活躍している方々は多いようです。

渡辺謙さんや吉井怜さんなど。池江選手にエールを送っておられます。

 

池江選手の白血病も早期発見だったとのこと。

 

池江さん自身の言葉を信じ、治療に専念して完治した彼女がまた活躍するのを、静かに待っています。

心身ともに強い彼女は、また復活する。

 

 

51歳のおっさんの心を打つ、18歳の女の子のメッセージ。

 

 

 

 

 

コメント