池江璃花子が電通に踊らされている(かもしれない)という話

ad




池江璃花子

いつかはこういうときがやってくるのかも、とおそれてはいましたけど。

「こういうとき」とは、アスリートたちが東京五輪開催のために客寄せパンダになることです。

 

池江璃花子さんのSNSでの発言が“炎上”しました。

 

東京五輪ありきの強行施策に「辞退して」池江璃花子らアスリートに向く“矛先” | 週刊女性PRIME
新型コロナウイルス感染拡大の第4波とされる中でも、強行される聖火リレーや札幌マラソンなどの東京五輪関連イベント。中止や再延期を議論しようともしない菅義偉首相と小池百合子都知事だが、ついにおそれていた事態が。池江璃花子選手ら、五輪出場が内定しているアスリートに対する批判の声がネットに上がってーー。

 

 

「炎上」とも違うかもしれませんが、物議を醸しているのは彼女のこのツイートです。

 

彼女の一連のツイートは、しっかりした文書で抑制された感情で落ち着いて書かれていると思いました。

「しっかりした文章を書く人なんだな」と。

 

が、初見で違和感を感じたのが1点。

「コメントが寄せられている事を知りました。」

自分のアカウントならば「知りました」じゃないだろう、と思います。

ま、彼女くらいになれば、自分のSNSアカウントをお手伝いする人物がいないとも限りません。

 

さらには、このようなツイートも見かけました。

 

加えて、彼女の実兄は電通勤務なんだそうです。

 

 

もうこれって、電通(=現政権)による、東京五輪開催に向けての国民への説得工作じゃないですかね。

「説得」というより、反対論(東京五輪を今、開催すべきではないという主張)に対して「黙っとけ!」と。

 

 

白血病を患い、闘病の末復活、そして東京五輪の代表までつかみとったヒロインは、格好の材料。

 

 

 

いや、そうじゃない。純粋な池江さんの言動だとしても。

いちアスリートが、いかにもな、物議を醸すのが容易に想像されるようなツイートしますかね。

 

残念でしょうがないですね。何が残念か、というと。

 

 

彼女自身が自分の意志で発言したということなら

  • 彼女の勇み足への残念
  • 彼女に向けられたらしき「出場辞退を求める声」への残念

 

 

彼女が電通らに踊らされているとすれば

  • いちアスリートを使ってまでも東京五輪開催に固執する菅政権の残念
  • コロナ感染を鎮める科学的なアプローチを一切しない・言わない菅政権の残念

 

 

 

一連の騒動で、池江璃花子はひとりのアスリートから“池江璃花子という存在”に変わってしまいました。

 

 



コメント