中国実業団駅伝 中国電力が連覇

中国電力陸上部 スポーツ

盤石と思っていましたが、直前(第6区)までマツダにトップを走られていた中国電力。

結果的には、優勝した中国電力ですが、解説の尾方さん(元中国電力選手であり、籍も現在は中国電力。広島経済大学の陸上競技部監督もつとめる)が「この記録では全日本では戦えないですね」とおっしゃってました。

若手中心で組んだチーム編成で優勝したとはいえ、全日本で優勝経験のあるチームとしてはもっとがんばって欲しかったですね。

でも、中国電力、坂口泰監督は駅伝を最終目標とはしておらず、あくまで通過点としています。

坂口監督(日本陸上競技連盟男子マラソン部長もつとめる)のビジョンは、

 

「中国電力から世界的マラソンランナーを輩出し、好成績をあげる」

 

であり、駅伝優勝が最優先ではありません。(毎日新聞でのインタビューからの引用。当時は、日本陸連の役職はなかった時代(だったと思います))

今日の優勝インタビューでも、「(全日本では)入賞を目指します」と控えめでした。

坂口さんの視線は、(現在は日本陸連の役割をお持ちではありますが、以前から)日本の選手全体、そして世界を見ています。坂口さんのマネジメントに期待したいと思います。
正月が楽しみであります。

中国電力陸上部は、なぜ強くなったのか中国電力陸上部は、なぜ強くなったのか
(2006/12)
高橋 繁行、中国電力エネルギアマネジメントスクール 他

商品詳細を見る

 

コメント