ロシアの女子アスリートたちが、次々と「戦争反対」メドベそしてシャラポワ、

ad




美女アスリート

ロシアによるウクライナ侵攻。

美女アスリートたちが「戦争反対」の声をあげています。

 

 

ロシアのアスリート、北京五輪とウクライナ侵攻と
ロシアによるウクライナ侵攻は、腹立たしい。 ロシアの美女アスリートたちは、北京五輪とウクライナ侵攻と、どう考えているのだろう。

以前ご紹介した、フィギュアスケートのメドベージェワ選手。

 

 

スポーツ業界は一丸となってウクライナを支持|サッカー、ボクシング、テニス選手らが意思表明
平和主義を訴えるために各スポーツ界では、さまざまな措置がとられています。#standwithukraine _ #ウクライナ

サッカー、ボクシング、テニス選手ら。

 

 

そして、このブログで人気記事(閲覧数:ページビュー)いつも上位の、マリア・シャラポワさん。

元テニス選手。

シャラポワさん、ついに沈黙を破る。母国ロシアのウクライナ侵攻に初言及。子ども達の危機に「深い悲しみ」
コメント欄では「あなたの投稿を待っていました」「素晴らしい選択です」と歓迎する声が広がっています。

 

「沈黙を破る」とのタイトル記事。

彼女の発言を待っている(期待している)人たちがいたであろうこと、そしてシャラポワ自身も、何をどのようにアピールするのか悩んでいたであろうことがうかがえます。

 

メドベージェワは真っ黒な画像をインスタグラムに投稿、という形でしたが、シャラポワは、メッセージとともにNGOへの寄付を呼びかけ。

 

ロシアに国籍を持つ、あるいはロシアに由縁のある人物たちは、ロシアという国に反発する(正確には「プーチンに反対する」ということでしょうが)主張をすることは大変だろうと思います。

国からの支援、サポートが得られないとか。

発言の場を奪われるとか、なんやかんや。

 

けれども、それを無しにされてでも、言いたいことは言うというのは、ひとりの人間として「許せないことは黙っていられない」と行動する。

それが、アスリートとしての矜持でしょう。

 

スポンサー契約を持つアスリートは、スポンサーの存在も無視できないという事情もあるだろうね。

 

 

主張が「NGOに寄付を!」という内容にとどまったのは、あからさまに言いたいことを言える環境ではない、ということを如実に語っている現状でもあるような気もする。

 

わたしが言いたいのは、

プルシェンコ、目を覚ませ!

 

 

日本ができる、プーチンに一番効くクスリは「柔道、講道館からの永久追放」だという話がネットでも出ています。わたしもそう思います。

プーチンと仲の良い、JOCの山下泰裕あたりが動けばいいんだろうと思うけど、チキン山下はできないだろうなあ。

 

コメント