ゴルフ等スポーツのテレビ放送は誰のためにあるの?

ad




ブログ

菊地絵理香プロが、久しぶりの優勝、4勝目をあげたのは、6月27日のアース・モンダミンカップ。

 

初日から首位をゆずらない、圧勝でした。

が、テレビ放送はありませんでした。

正確に言うと、地上波、みんなが無料で見られるテレビ放送では放送されませんでした。

放送されたのは、U-NEXTという有料の放送です。

 

いや、すべての試合を無料で見られる地デジで放送せよ、と主張はしません。いろいろな制約があるでしょう。

わたしが言いたいのは、今回の「放送無し」をきっかけに思い出した、テレビ放送のいくつかの疑問です。

 

特定のゴルファーだけが順位や映像の紹介

わたしの記憶の範囲の話です。

男子ゴルフ、AONの活躍の時代。

AONとは、

A:青木功

O:尾崎将司(ジャンボ尾崎)

N:中嶋常幸

この3人のゴルファーのことです。

 

スポーツニュースで男子ゴルフのことが報じられる場合、順位が上の方(1〜3位程度)の選手に加え、必ずこれらの3人の選手の順位も紹介されていました。

 

今でも、男子ゴルフ、女子ゴルフ両方で同じ傾向があります。

男子だと石川遼、女子だと渋野日向子、原英莉花あたりでしょうか。

 

人気者を紹介する、という観点では否定はしませんが、全員にとっての人気者ではないので、どうしても偏っている感は否めません。

 

野球でも読売ジャイアンツ(巨人)は人気者として扱いたいんですよね。

スポーツニュースで、巨人が勝った日は「みなさん良かったですね、巨人が勝ちましたよ」だし、負けた日は「残念、巨人が負けました」と報じます。

そこまで極端じゃないでしょ?

と思う方、いらっしゃるでしょう。

昔に比べたら確かにそうです。

それでも、まだ残ってます。

 

余談ですが、こういう話をすると、決まって巨人ファンが「それって、巨人が好きな証拠」などと満足気に話をします(私の周りの連中の話ですが)。

 

 

ゴルフ番組の特徴

ゴルフならではのテレビ放送の特徴として、最終組のみしか放送しないというのがあります。

最終組は前日までのスコアがトップの選手となるケースがほとんどなので、

 

最終組を放送すること ≒ 優勝争いを放送すること

 

でありまして、しょうがない部分はあります。

 

それでも、番組が単調でしょうがない。

最終組以外にも、めちゃくちゃいいスコアを出して追い上げている選手だとか、コスチュームが素敵な女子プロだとか、いろいろやり方はあると思うし、優勝争いだけを観たいわけではないと思うんだけどなぁ。

 

コメント